clover

Bahashishi

clover

作詞:ユラリ
作曲:浩一
発売日:2007/09/05
この曲の表示回数:3,853回

clover
明日で繋ぐ未来を探してた
僕らの唄を歌おう
いつの日か“さよなら”が 僕らに押し寄せて
君が昨日へ溶けてく

「いつでも神様は君を見てるから」
胸の奥に宿る 神話を僕に預けて

世界という名の野原で
眩しくいられる為の四つ葉を拾い集めて
ふとあの言葉が ふわり浮かんだよ
ねぇ神様は僕を見てるかな

灰色の顔したビルの森
見えない空を見上げる
たまには君のこと 少し思い出すよ
広い青が見えた あの空の僕らを

果てしなく続く 明日の
背中を追いかけて今日も幸せ拾い集めて
ふとあの言葉が ふわり浮かんだよ
どうやら神様見てるみたいだよ

守るべき世界が 少しずつ増え出して…

“キラキラ”たくさん見つけたよ
“さよなら”とひきかえに

世界という名の野原で
眩しくいられる為の四つ葉に包まれ笑う
ねぇあの神話が今も響くよ
この唄が君に届きますように…

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません