試聴する

不時着

この曲の表示回数 35,584
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

Yuji Nakada


作曲:

Yuji Nakada


今 君と僕は 同じように
あの日に戻ってた
幼い頃の無邪気さで互いを
求めあって

空がひび割れて 向こう側から
差し込む光は
君の中で燃える血の赤さで
視界を染めたよ

プリズムが揺れて
目眩の中で
愛しい声が ただ響いてる

夜が来ても 朝は巡って
君の心を変えてしまうだろう
僕が恐れたのは
明日を願うその不確かさ

失いそうで 過去にすがって
それでも何故か
現在を探してる
地図を無くした 当てのない僕らは

二人の望みは いつの間にか
ねじれてしまったよ
決して誰も傷つけたくないのに
それなのに どうして

優しさは足手まとい
裏切りの果てに無くした
君と僕の過ちが
間違いなら 全てが疎ましいよ

昨日以上に 今日より更に
君の深くへ
潜り込みたい
まるで光さえも
届かない程 意識を超えて

抱きしめ合って 何を誓って
解り合う様な
振りじゃ済まない
そんな孤独は僕に分けてくれよ

失いそうで 過去にすがって
それでも何故か
現在を探してる
地図を無くした 当てのない僕らは

ここがどこであろうと 僕はかまわない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:不時着 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-23
商品番号:WPCL-10450
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP