夏の憧憬

この曲の表示回数 15,961
歌手:

ジャパハリネット


作詞:

鹿島公行


作曲:

鹿島公行


夏の少年は 裸足のままで追いかけて行く
今日も疾走ってた 胸の高鳴りはるか

蝉の鳴き声降りそそぐ 午後の日差しを跳ねのけて
陽炎が立ち上がる 道を走り過ぎた

夕立が降り始めた
さっきまでの青い空が
恐く見えて淋しくなった
急いで家路を辿る

夏の少年は 隆々と立つ入道雲へ向かい
今日を疾走ってた 胸の高鳴りのまま

夏になれば背伸びして 恋の夜道を歩いたり
淡い想いを追いかける 足元おぼつかなかった

何気なく立ちどまった
川岸で蛍を見た
綺麗だった光りは儚い
虫の音響く夏の夜

あの日追いかけた 秘密の蜃気楼
照りつける日差し 線路の上両手を広げ
どこまでも行ける気がした

夏の少年は 裸足のままで追いかけて行く
今日を疾走ってた 胸の高鳴りのまま

夏の少年は追いかけていた 胸の高鳴りを
今という一生の中の一瞬 色褪せぬ時の中で

白い夏に溶けてく 淡い青が色を変える頃
やがて見渡せば 夏暮れて 遠く蝉の音 遥か
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の憧憬 歌手:ジャパハリネット

ジャパハリネットの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-01
商品番号:BTDU-MMR01
MAD MAGAZINE RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP