305の招待席

この曲の表示回数 8,860
歌手:

布施明


作詞:

門谷憲二


作曲:

鈴木茂


淋しい夜にはおいで 悪い女だと言われても
雨にぬれておいで 赤い靴さげて
女の君が 男の僕が 生まれたままになって
灯りを消して 部屋中の愛 海に変えよう

なりさがれ 女に この愛に 流されて
あどけなく 堕ちてゆけ そのままの君でいい ああ

二人の夜にはもっと 悪い女でいて欲しい
笑いながら服を 部屋中におとせ
髪をおろして 腕をからめて 祭りの酒をのもう
背中をすべる指先だけが 愛を奏でる

なりさがれ 女に この愛に流されて
あどけなく 堕ちてゆけ そのままの君でいい ああ

なりさがれ 女に この愛に流されて
あどけなく 堕ちてゆけ そのままの君でいい ああ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:305の招待席 歌手:布施明

布施明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-07-02
商品番号:KICS-6039
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP