土曜日の落書き

この曲の表示回数 7,914
歌手:

鈴木結女


作詞:

石川あゆ子


作曲:

石川あゆ子


季節は流れても誰かが忘れずに
心を巡り合わせてる……

来れないはずのあいつらが急に
顔を見せればこれで揃った仲間
懐かしさ一秒そのあとは
憎まれ口のセッション
ざわめくイルミネイションを浴びて

今夜は Together
ただあの頃のように
夢を見るのさ他愛のない
重たい靴を履いてる人ごみを
かき分けながら
長い夜に……しようよ

最終電車間に合わなくて
歩き通した距離を自慢したよね
予備知識のない毎日を
無責任に過ごした
それでも何かを分ち合えたね

朝まで Together
ただあの頃のように
クラクションにも笑いながら
心に書いた落書きを探して
見覚えのある次の角を……曲がろう

それぞれの生き方を
身につけてゆくけれど
いたずらな瞳だけ
失くさずにいたいね

今夜は Together
ただあの頃のように
夢を見るのさ他愛のない
重たい靴を履いてる人ごみを
かき分けながら
長い夜に……しようよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:土曜日の落書き 歌手:鈴木結女

鈴木結女の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-03-21
商品番号:WDCN-25014
ワンダーエンターテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP