青春の忘れ物

この曲の表示回数 12,847
歌手:

堀ちえみ


作詞:

売野雅勇


作曲:

鈴木キサブロー


探さないで面影は
私もうあの頃と違う…

雨の駅であなたを見かけ
指でルージュそっと落とした
まゆをひそめ振り向く瞳
哀し気に翳るのが見えた

好きなのと打ち明ける勇気
目立たぬ私になくて
卒業の寄せ書きの隅に
変わらないでと書いたね

時間(とき)の波に流されて
私ひとりが変ってく
あなた好きだった頃の
私にはもう戻れないね

好きと他人(ひと)に平気で言える
今の自分少し嫌いよ
恋を数える指のすき間
大切なものこぼれてくね

青春って綺麗な想い出
汚すための時間だね
もう一度昔の私で
こんな雨の朝に逢いたい

どんなひとと幸せに
私なっても忘れない
あなた好きだった頃が
本当の私だったから…

時間(とき)の波に流されて
私ひとりが変ってく
あなた好きだった頃の
私だけねえ忘れないで

本当の私だったから…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春の忘れ物 歌手:堀ちえみ

堀ちえみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-17
商品番号:PCCA-01578
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP