罪と夕立

この曲の表示回数 6,803
歌手:

徳永英明


作詞:

Hideaki Tokunaga


作曲:

Hideaki Tokunaga


夕立の雨が窓をたたく
君に嫉妬してる
夕顔の花開いたように
君が綺麗だから?

小さなランプに灯された
炎に二人の陽炎が

惑わされ 空白な
ひとときに落ちてゆく

雨宿りしていた小鳥が
君をずっと見てる
白魚のような指が僕の
頬を撫でるから?

雲の切れ間から覗いてる
光が二人を包み込む

瞬間に 真っ白な
稲妻が走ってゆく

夕立は罪つくり
この胸は氷のよう
白々と明けてく
あの空は憎めない
成り行きの重い恋が背に
暑い陽を差す…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:罪と夕立 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-05-24
商品番号:KICS-800
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP