pieces

この曲の表示回数 8,186
歌手:

小池徹平


作詞:

小池徹平


作曲:

小池徹平


真夜中の部屋はいつもよりも
なぜか少し自由な気がして
いくつもの思い巡る月明かり
夜は少しずつ深まってく

今日君が話してくれたこと
何回も思い返して

やがて夜が明ける頃に
抱えていたものすべて
答え見つけられるように
そっと窓を開けてみた
午前三時の空気に
晒されたまま深く息をついた

逢いたいと思う気持ちと裏腹に
いつも素直になれなくて
そんな意味のない強がりさえ
君は笑顔で受け止めてくれるんだね

やさしさは時に傷つけるけど
少しずつ変われるなら

やがて夜が明ける頃に
君に届けと願えば
すべて伝えられそうで
月明かり部屋に流れて
少しずつ時を削って

微かに見えそうな小さな明日のpieces(かけら)

やがて夜が明ける頃に
抱えていたものすべて
答え見つけられるように
そっと窓を開けてみた
午前三時の空気に
晒されたまま深く息をついた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:pieces 歌手:小池徹平

小池徹平の新着情報

  • アイシテモ / ♪唇に指をあてる仕草に
  • AIR STYLE / ♪開け放した窓を夏の風が抜けて
  • 波音 / ♪ありふれた日のありふれた午後
  • My Way / ♪海から見えた打ち上げ花火
  • 終わったはず / ♪終わったはずと分かってるのに

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:UMCK-1231

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP