三八月

この曲の表示回数 6,942

見送る夜の灯籠は
流れて川面を進む
もう少し追いかけて行こう

初めて触れた手のぬくもりや
わたしの名前を 呼んで声を
胸の奥 確かめながら

何も知らなかった
いつも守ってくれたこと
慣れ過ぎていた瞬間が
悲しいくらい輝きだす

揺れる灯火は
優しいあの眼差し 思わせる
いつまでも いつまでも
忘れないから…
忘れないから…

明日 帰るけれど
街で暮らしてゆくけれど
ここで過ごした毎日は
ずっとずっと近くにある

愛しい歳月は
わたしの祈り乗せて遠ざかる
いつまでも いつまでも
忘れないから…
忘れないから…
忘れないから…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:三八月 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-01
商品番号:TGCS-1190
AUGUSTA RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP