木戸をあけて~家出する少年がその母親に捧げる歌~

この曲の表示回数 6,936
歌手:

キンモクセイ


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


あなたの後ろ姿に そっと別れを告げてみれば
あなたの髪のあたりに ぽっと明りがさしたような
裏の木戸をあけて 一人夜に出れば
灯りの消えた街角 足も重くなるけれど
僕の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない

許してくれるだろうか 僕のわかいわがままを
解ってくれるだろうか 僕のはるかなるさまよいを
裏の木戸をあけて いつかつかれ果てて
あなたの甘い胸元へ きっともどりつくだろう
僕の遠いあこがれ 遠い旅の終わるときに

帰るその日までに 僕の胸の中に
語りきれない実りが たとえあなたに見えなくとも
僕の遠いあこがれ 遠い旅は捨てられない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木戸をあけて~家出する少年がその母親に捧げる歌~ 歌手:キンモクセイ

キンモクセイの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-12-06
商品番号:UICZ-8018
ユニバーサル インターナショナル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP