雲のゆくえに

この曲の表示回数 11,980
歌手:

山下達郎


作詞:

吉田美奈子


作曲:

山下達郎


真昼の空を横切る
ひとつの雲の行方に
途切れたこの愛を見つけて
あなたの名前を呟く

残された私にはつくろう笑顔ただそれだけが
あなたとの思い出を 少しずつでもまぎらわせる

叫んでみたって届かず
消し去るすべもなく見上げる
心の奥へと拡がる
かなえられない あこがれ

翼さえあったなら あの雲のあとついてゆきたい
太陽が照らし出しこの身が焼けて死に絶えても

今になっては遅過ぎて
悲しむ事さえも できない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雲のゆくえに 歌手:山下達郎

山下達郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-02-14
商品番号:BVCR-17017
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP