試聴する

ローラー・スケートをはいた猫

この曲の表示回数 9,901
歌手:

松田聖子


作詞:

松本隆


作曲:

亀井登志夫


渚をめがけてダウン・ヒル
つづれ折りの道滑る
スケート・ボードでカーブ描くたび
スリルだわ

あなたは華麗なテクニック
蜜蜂のようにジャンプ
けれど心配よ もしも転んだら
怪我するわ

海辺の遊歩道 あなたは
ジョギング・シューズをスラローム

ローラー・スケートはいてる
迷子の仔猫みたいね
私いつでもおいてきぼりなのよ
ねえ待ってて

冷たい人なの ほんと
勝手で気ままで自由
優しいとこって爪ほどもないの
でもいいの

スピードですぎて私が
悲鳴をあげると笑うの

ローラー・スケートはいてる
迷子の仔猫みたいね
私ほっぺをふくらませて怒る
もう知らない

いいのよ優しくしないで
クールなあなたが好きなの

ローラー・スケートはいてる
迷子の仔猫みたいね
私黙ってあなたについてくわ
ねえ待ってて
待ってて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ローラー・スケートをはいた猫 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-08
商品番号:SRCL-3179
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP