この曲の表示回数 11,057
歌手:

鈴木雅之


作詞:

葛谷葉子・松尾潔


作曲:

葛谷葉子


ここからはオモチャのように見える 東京が少しだけ好きになれる
暮れかけた街は影絵みたいね 時間が二人をまた近づけてく

はしゃいでるフリ続けながら せつなさを隠して祈った
これがきっと最後の恋

髪も指も頬も その手の中で
あなたからの言葉 必死に聞こうとしてる
どんな記憶さえも 今は無力で
怖くなるよ 私の好きな人

優しさに慣れなくてくすぶっては あるく歩幅緩めて見た横顔
嘘をつく天気予報みたいね それでもまた明日は知りたくなる

幸せに触れた瞬間は きっともう通り過ぎたはず
温かくて消えそうなもの

髪に指に頬に この体中で
あなたへのメロディ 必死に歌ってみるわ
どんな痛みさえも 今は忘れて
聴かせたいよ 私の好きな人

どれくらいの速さで歩けばいい
戸惑う想いに ふと「ひとり」を感じて

髪も指も頬も その手の中で
あなたからの言葉 必死に聞こうとしてる
どんなヒカリさえも 今は弱くて
怖くなるよ 私の好きな人
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:53F 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-07
商品番号:ESCL-2919
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP