試聴する

二子玉

この曲の表示回数 5,375

風とキラキラ舞うあなたの背を
ずっと追いかけてたあの瞳で
そっとユラリラ川面を揺らした
光る未来の向こうに

試験休み明けの夕焼け
刻む傷は机の隅
別れの季節が足音を立てる

雪が残る校庭には
顔を出した小さな花
変わらないでいよう 何が変わっても

二人並んで 歩くバス通り
ふと触れた手と手 鼓動が高鳴る

風とキラキラ舞うあなたの背を
ずっと追いかけてたあの瞳で
そっとユラリラ川面を揺らした
光る未来の向こうに
時には言葉じゃ足りなくなるけど
smile again きっと
歩き出せるよ

細い路地を抜け自転車で
坂を下り多摩川まで
水辺に降り立ち 見た飛行機雲

遠くまでほら 投げた小石は
泣き笑いまた想い出に跳ねた

風とキラキラ舞うあなたの背に
口ずさむ歌届くように
僕らユラリラ川面を見つめた
ひとりひとりの行く先
「好きだ」と言葉じゃ言えずにいたけど
smile again きっと
それもいいんだよ

桜ヒラヒラ舞うあなたの背に
降り注ぐ花びらさよならじゃない
涙ユラリラ川面を揺らした
寂しいけどもう行かなきゃ
時には言葉が足りない朝には
smile again きっと
歩き出せる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二子玉 歌手:紘毅

紘毅の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-02-21
商品番号:YICD-70029
J-more

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP