旅の手帖

この曲の表示回数 11,936

旅の手帖にきみの名前も書き込んでポケットに忍ばせる
いつかはきっと知らない場所で きみのこと思い出すだろう

ぼくはすぐに汽車になって煙を吐いて走り去る
公園から裏通りへ 表通りで恋をする

旅の日はいつもそんなものだろう 簡単な色のように
そして陽の当たる丘の木陰では今日もぼんやりと夢を見るだれかが

旅の手帖にきみの名前も書き込んでポケットに忍ばせる
いつかはきっと知らない場所で きみのこと思い出すだろう

だれかはずっと上機嫌で だれかはもっと悲しそうな顔

旅の日はいつもそんなものだろう 簡単な色のように
そして陽の当たる丘の木陰では今日もぼんやりと夢を見るだれかが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:旅の手帖 歌手:サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/10/22
商品番号:MDCL-1321
ミディ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP