レモネードデイズ

この曲の表示回数 6,493

君とキスをした
何度も何度もキスをした
水色のカーテンが春の風にやわらかく揺れた
-レモネードデイズ-

迎えに行く自転車と
君がいればもう何もいらなかった
君と一緒に笑いたい
それが僕の全てだった

それは恋
僕らはそれを早く愛と呼びたくて
先を急ぐように多くを求めていた

君とキスをした
何度も何度もキスをした
水色のカーテンが春の風にやわらかく揺れた
-レモネードデイズ-

へたくそな僕のギターに
細い君の声は不思議とよく合った
照れる顔もその声も
僕だけのものにしたかった

それは恋
胸を痛めて むせかえるようにくどい程甘く
こぼれた事にさえも気付こうともしないで

戻りたいとは思わないけれど
2人が過ごした日々を僕は
いつかきっと誇りに思うだろう

思い出すのは君の笑ってる顔ばかり
さようなら僕の好きだった君
さようなら僕のレモネードデイズ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:レモネードデイズ 歌手:坂本サトル

坂本サトルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/03/18
商品番号:COCP-50254
ヒートウェーヴ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP