試聴する

荒野流転

幕末機関説 いろはにほへと オープニング

この曲の表示回数 33,004

月影凍る大地を
転がり踏み分けて行く
滅びと再生の時代が始まる

自由を重く掲げて
道なき道を選んで
真昼より眩しい日没を越えて

夢を語るように時の船は行く
その闇路の向こうに新しい夜明け

僕等はきっと暗闇の腕から生まれてきた
かなわぬ恋をするように
光へと彷徨ってく
どこまでも果てしのないこの道を
帰る術は無い

生き抜くことに戸惑い
死に行く事に怯えて
僕等の呼吸には哀しみが宿る

叫びは孤独に失せて
涙の滴を啜り
誰もが一人きり荒野を流離う

あれは月の夢か 白く光る花
けぶる丘の彼方 煌めき手招く

胸に響く悠久の音楽に耳を済ませ
風に惑う砂のように
刹那へと消え失せても
どこまでも果てしのないこの道を
荒野の向こうへ

僕等はきっと 暗闇の腕から生まれてきた
かなわぬ恋をするように
光へと誘われて
どこまでも果てしのないこの道を
帰る術は無い
彼方へ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:荒野流転 歌手:FictionJunction YUUKA

FictionJunction YUUKAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/11/22
商品番号:VICL-36177
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP