若狭の宿

この曲の表示回数 8,604
歌手:

牧村三枝子


作詞:

阿久悠


作曲:

猪俣公章


風の音にも やせて行きます
お酒並べて 泣いてます
ただひとり あのひとの通夜をする
おもいで残る おもいで残る
若狭の宿よ

若狭蘇洞門の波が泣きます
季節はずれのあらしです
まぼろしの あのひとと話して
しみじみ想う しみじみ想う
若狭の宿よ

窓にうつして 髪を切ります
違う女に 変わります
何もかも あの人に捧げてた
恋をふりきる 恋をふりきる
若狭の宿よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:若狭の宿 歌手:牧村三枝子

牧村三枝子の新着情報

  • 夢おんな / ♪男らしさのあるひとならば
  • 姿見 / ♪鏡に姿をうつしてみれば
  • 雨月夜 / ♪ひとりぼっちと思うなと
  • 歌一輪 / ♪北の大地で産声あげた
  • 恋絆 / ♪日差しに揺れてる恋がある

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-17
商品番号:TACL-2391
ニュートーラス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP