カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)

この曲の表示回数 64,502

天下八ツ過ぎ浮世男よ
良いひとだけど幕の切り時
毎日を割く仮初(かりそめ)枕
好いて好かれた男が哀しい
女は誠の誓いなんて要らないよ
大概が芝居さ
惚れた腫れた、目眩(めくるめ)いた
噫(ああ)!秋ノ空

六日の菖蒲(あやめ)仮初心
喰って喰わされ男は哀しい
女は嘘を吐(つ)いたって好(い)いじゃないか
相応の茶番で粧(めか)し込んで居なくちゃ
きっともう狂って居るって
いけない男、色男
わっちは悪くないわいな
切っても切っても切れぬ
噫!幕ノ内

七ツ下がり
“本当は添いたいよ”と、云って

帰らないで頂戴
淋しいじゃないの
待って一寸(ちょっと)待って
本性でありんす
ねえ利き男、冗談よ
左様(さよう)なら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.) 歌手:椎名林檎×SOIL&“PIMP”SESSIONS

椎名林檎×SOIL&“PIMP”SESSIONSの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/04/25
商品番号:TOBF-5520
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP