試聴する

夜顔

この曲の表示回数 24,204
歌手:

谷村新司


作詞:

谷村新司


作曲:

谷村新司


気休めだけの言葉に 体も慣れたわ 今では
やつれた指のリングさえ  重くて痛いわ このまま
愛を忘れた骸達が 繰り返す道化芝居に
最後の幕を下ろすには 裏切ることだけね

行きずりの人に 声かけて
視線で誘ってみる
やさしい妻の顔を捨てて
女の顔になる

幸福を求める度に 不幸福になる 何故なの
だいそれた望みじゃないわ  ぬくもりが欲しい それだけ
愛が静かにこぼれてゆく 二人の指の隙間から
さしさわりない妻よりは 狂った女になりたい

行きずりの人に 声かけて
視線で誘ってみる
やさしい妻の顔を捨てて
女の顔になる

見知らぬ人に 抱かれながら
涙が ほほをぬらす
悲しい仮面のその下で
妖しく 燃えてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜顔 歌手:谷村新司

谷村新司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-25
商品番号:PSCR-5276
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP