酔いどれ女の流れ唄

この曲の表示回数 14,717
歌手:

加藤登紀子


作詞:

みなみらんぼう


作曲:

みなみらんぼう


酔いどれ女が 今夜もひとり
酒場でグラスを 抱いている
まつげを濡らして 惚れた男に
生命を預けて
流れ流れた夜の川 男はもういない
酔いどれ女が ルージュをかめば
さすらい暮しの 流れ舟

まぶたを下るよ 消えた男にゃ 未練はないが
冷たいグラスにふるさとが 切なく揺れるのさ
酔いどれ女の 行き着く先は
知っちゃいないさ 夜鳴鳥[よなきどり]
ねぐらもないのに 雨に濡れながら 口ずさむ唄は
酔いどれ女の流れ唄 巷の風の唄
酔いどれ女の流れ唄 巷の風の唄
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔いどれ女の流れ唄 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP