試聴する

夏のある日

この曲の表示回数 7,588
歌手:

上木彩矢


作詞:

上木彩矢


作曲:

水野幹子


生きてゆくという事は きっとそれは強さなんだ
今日も両足でしっかりと立ってることに意味があるんだ

たくさんの愛に包まれた君が悲しげにそっと 涙がきらり

夏のむし暑い中 外で笑いながら食べたスイカが
氷のように冷めた胸の中 やさしくフワリよみがえってくる

死んでしまうという事は きっとそんな勇気があれば
どんな出来事も立ちむかえる特別な力だろう

考えながら悔やむより 失敗してから悲しもう
多分 その時には なぐさめてくれる仲間がいる

夏の涼しい夕暮れは 背中なでるようにほほえむ
あの空を見てごらん きっと明日もまた笑えるだろう

夏に鳴くセミはあついと叫んでいるんじゃないよ きっと
「生きてるんだぞ」って声高らかに響かせて ここに存在する証

夏のむし暑い中 笑いながら食べたスイカが
氷のように冷めた胸の中 やさしくフワリよみがえってくる

大切なもの見つけた 今も変わらず あの場所で待ってる
君のために… 君のために…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のある日 歌手:上木彩矢

上木彩矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-07-12
商品番号:GZCA-5084
GIZA studio

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP