試聴する

桜坂

この曲の表示回数 32,283
歌手:

槇原敬之


作詞:

槇原敬之


作曲:

槇原敬之


この坂道が花吹雪になる前
君はこの街を出て行った
手紙をだすと交わした約束は
いつか懐かしい思い出に変わった

僕らの街の言葉は
正直綺麗じゃないけれど
どうか どうか忘れないで

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

それでも花を散らすゆるい雨を
明日も解らずに見送った
君が持ってる荒っぽい優しさを
春が思い出に変え始めてるのに

どこか頼りないねと
いつも言われてた僕はまだ
ずっと ずっとあのままだけど

少し辛いですと君の文字を
どこかで見つける度
すぐに飛んで行けたあの頃が
本当に懐かしい

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:桜坂 歌手:槇原敬之

槇原敬之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-10-25
商品番号:WMC3-1
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP