試聴する

アオイソラ

この曲の表示回数 10,422

ジャングルジムの上
この手を陽にかざす
青い空 今にも届きそうに思えた
小さな頃に比べてみれば
近づいてるはずの世界も
いつかその瞳を閉じたまま
歩いていたんだね きっと

誰もいなくなった それでも歩いた
君が流した涙には
理由なんてなくて 必要じゃなくて
不思議と不安もないままで
雨降りなのはわかってるけど
いつか曇り空を抜けて 青い空

眠りにつく頃に
こみ上げてくるもの
それぞれの思いを握りしめたままに
たとえ君が一人ぼっちならば
この世界すら 孤独なのだろう
負けずに進んでこれたから
笑えているんだね 今も

君だけになって それでも歩いて
いつか流した涙には
偽りはなくて あきらめじゃなくて
思い描く場所見つける
格好悪いのわかってるけど
いつか笑顔で見上げたなら 青い空
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アオイソラ 歌手:スネオヘアー

スネオヘアーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-07-24
商品番号:ESCL-2427
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP