試聴する

Storm

この曲の表示回数 18,495
歌手:

GACKT


作詞:

Gackt.C


作曲:

Gackt.C


君の見上げたその先には一体何が映っていたの?
流れ消えてゆく雲のように冷たい風が君を連れてゆく

あの日のままの君を閉じこめた時計が鐘を鳴らし始める

時の流れは残酷すぎていつまでも僕を苦しめる
君が側で笑ってることが当たり前に思っていた…

この手を差し延べて祈り続けても触れることも出来ない君は
白い翼をそっと羽ばたかせ、ゆっくりと手を振り笑ってる

ふと気がつけば遠くに見上げた空が激しく哭いている

静かに微笑むそんな君を抱きしめてそっとキスした
そんな僅かな喜びでさえ二度と戻りはしないから

どれだけ時間が流れ過ぎても忘れることなんて出来ない
最後に見せたあの微笑みは僕の中で生き続ける
誰より君を愛したから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Storm 歌手:GACKT

GACKTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-21
商品番号:CRCP-40120
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP