場末のペット吹き

この曲の表示回数 17,242
歌手:

フランク永井


作詞:

宮川哲夫


作曲:

吉田正


雨が降るから ただなんとなく
ちょっとしおれて 見ただけさ
涙ふくよな 柄ではないよ
どうせ場末の 三流劇場の
俺はしがない ペット吹き

夢を見た日も ないではないが
それを云ったら 笑われる
何も聞くなよ ドラムの兄貴
古い昔の 傷あとなんか
撫ぜりゃなおさら つらいだけ

欲を出したら かぎりがないと
いつかあの娘も 云ったっけ
好きでえらんだ ブンチャン稼業
なんで今更 やめられようか
いっちょ吹くから きいてくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:場末のペット吹き 歌手:フランク永井

フランク永井の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-06
商品番号:VICL-41035
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP