33才

この曲の表示回数 23,405

がむしゃらに生きて 走りつづけたが
いつの間にかぼくも 今年33
すでに人生の 半分に来た
時の速さに かないはしない
でも弱気じゃない 弱気じゃないが

心が寒い 一人でつかむ幸せなどない
愛の尊さが 愛の重さが やっと見えて来た
ぼくの 人生のあとの半分を
君と一緒に生きてゆきたい

大人になる日を 夢見ていたけど
いつの間にかぼくも 今年33
あとの半分も またたく間だろう
時の流れは残酷なもの
まだ青春だよ 青春だけど

何かが違う 一人で生きる命がむなしい
君の優しさが 君の笑顔が 胸にしみとおる
ぼくの 人生のあとの半分を
どうか 一緒に生きて下さい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:33才 歌手:西城秀樹

西城秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-22
商品番号:BVCH-705

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP