偲び逢い

この曲の表示回数 48,312
歌手:

加門亮


作詞:

麻こよみ


作曲:

森川龍


風が出て来たね 夜も震えてる
おまえの肩先 抱き寄せる
たとえどんなに 愛していても
世間が許さぬ 恋がある…
この手に奪えぬ 腑甲斐(ふがい)なさ
髪の匂いが せつなく揺れる

星が泣いてるね 月も潤んでる
二人のつらさが わかるのか
今の生活(くらし)を 捨てろと言えば
なおさらおまえが 困るだけ…
いつかは別れる 恋なのに
影も寄り添う せつない夜よ

頬が冷たいね 指も凍(こご)えてる
にじんだ涙の せいなのか
できることなら 誰より先に
逢えたらよかった おまえには…
見つめる瞳の いじらしさ
俺の心が せつなく揺れる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:偲び逢い 歌手:加門亮

加門亮の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/04/19
商品番号:TKCA-90104
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP