この曲の表示回数 30,622
歌手:

西城秀樹


作詞:

阿久悠


作曲:

馬飼野康二


あなたのからだはあまりにつめたい
心の熱さを探せやしない
それともガラスの細工のような
キラキラきらめく氷のハートが

あなたに出会った 不幸を思えば
この先 悲しむことなどないさ
きりきり舞いする男を見つめ
こころのどこかで笑っているのか

アアア……
一生一度なら ピエロも主役さ
あなたの心を溶かしてみせる
アアア……
恋とは戦いと知らされたからは
炎で氷を溶かしてみせる

あなたの言葉ですべてを失い
迷路をさまよう男になった
真っ赤な唇ナイフのように
恋する男につき立てるのか

あなたをいつか この手で抱きしめ
この日を待ったといわせてみせる
それまでつめたい孔雀のように
翼をひろげて踊っているか

アアア……
一生一度なら ピエロも主役さ
あなたの心を溶かしてみせる
アアア……
恋とは戦いと知らされたからは
炎で氷を溶かしてみせる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:炎 歌手:西城秀樹

西城秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:BVCK-38023
BMGメディアジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP