嫁入り峠

この曲の表示回数 5,825
歌手:

大泉逸郎


作詞:

荒木良治


作曲:

大泉逸郎


馬にゆられて 峠を越える
可愛嫁ごの 角かくし
親の思いを いっぱい詰めた
たんす長持ち かつぐ人
おくり出す日の お立ち酒

となり村まで 三里の道を
あゆむ道中 かごや唄
里のことなど 心配せずに
愛し愛され むつまじい
花の夫婦(めおと)で しあわせに

お前お立ちか お名残惜しい…

道のほとりの お地蔵さんに
どんな願いを かけるやら
今日のこの道 幼子つれて
母という名で 里がえり
その日夢みる 親ふたり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:嫁入り峠 歌手:大泉逸郎

大泉逸郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-03-23
商品番号:TECE-30217
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP