二人静 -「天河伝説殺人事件」より-

この曲の表示回数 71,885
歌手:

中森明菜


作詞:

松本隆


作曲:

関口誠人


「きっと、愛しすぎたから…」

散り急ぐ花びらを時間(とき)の背中に
サヨナラと並べてる指がいじらしいね

殺(あや)めたいくらい愛しすぎたから…

添い寝して 永遠に抱いていてあげる
いい夢を見なさいな うたかたの夢を
夜桜がさわぐ

幸薄い蜉蝣(かげろう)の衣(きぬ)を脱ぐように
凛(りん)とした生き方の自分を見せたくて

焦がれそうなほど哀しすぎたから…

添い寝して 三日月を枕に眠れば
魂は蘇って火の鳥に変わる
天の川キラリ

殺(あや)めたいくらい愛しすぎたから…

添い寝して 運命に寄り添ってあげる
冷えきった掌(てのひら)を胸に押しあてて
あたためて

添い寝して 永遠に抱いていてあげる
いい夢を見なさいな うたかたの夢を
夜桜がさわぐ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二人静 -「天河伝説殺人事件」より- 歌手:中森明菜

中森明菜の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-10
商品番号:WPCL-711
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP