ブーツをぬいで朝食を

この曲の表示回数 26,301
歌手:

西城秀樹


作詞:

阿久悠


作曲:

大野克夫


帰らなきゃいけないと それがあなたの口ぐせ
熱くなるこの僕を まるで焦らすよう
その気もなしに髪をなぜて
その気もなしに ルージュなおす

このままで いたならば とても危険なことだと
今度こそさよならと 握手求めてる
つめたい指は胸の熱さ
かすれた声は迷う心教える

愛するためにだまし合うなどよそう
裸の胸と胸を合わせて
後は流れ行く時のままにまかせ
波間にゆれている舟のように

夜明けまで踊るのも 悪いことではないけど
さわやかな陽がさせば キスをしておくれ
ブーツをぬいで白い部屋へ
ブーツをぬいで二人だけの朝食

愛するためにまわり道などよそう
互いにほしいものを求めて

後は流れゆく時のままにまかせ
波間にゆれている舟のように

後は流れゆく時のままにまかせ
波間にゆれている舟のように
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ブーツをぬいで朝食を 歌手:西城秀樹

西城秀樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-23
商品番号:BVCK-38023
BMGメディアジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP