夕だち

この曲の表示回数 4,762
歌手:

CANCION


作詞:

CANCION


作曲:

CANCION


風を見過ごして バス停で待っていた
雲行きの怪しい 空見つめながら
知恵の輪みたいな現実 器用にほどけなくて
いつのまにか失くした大事な時間を

未来なんて今の延長でしかなくて
この場所で始めなきゃ繋がらない
黄昏の遠い空 降り出しそうな夕立
限りなく1を足して つみあげるんだ空へ
さぁ、始めよう ココを抜け出そう

部屋を掃除した りんごを一つ買った
駅前の風景さえ 忘れかけていた
メビウスの輪みたいに どこにも辿れなくて
宛てもなく探してた 「僕」というしるしを

歩いてきた足跡は雨に溶けて
言い訳で凌いでた 過去が嫌になった
夕立もうわの空 涙も出て来ない
果てのない暗やみに 包まれてしまう前に
さぁ、始めよう ココを抜け出そう
さぁ、始めよう ココを抜け出そう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕だち 歌手:CANCION

CANCIONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/08
商品番号:BVCR-11084
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP