甘い夜

この曲の表示回数 18,514
歌手:

Sound Schedule


作詞:

大石昌良


作曲:

大石昌良


僕らは甘い夜を越え
それを恋と呼び合う

いつぶりだろう こんな気持ち
忘れかけていたよな
君の小さな手のひらを
照れながら握ってる

そしてまた ひとつ ひとつ
消えてゆく街灯り
二人だけのためにある
世界になる

巡り逢えたすべてに意味があり
過去に背負った傷も無駄じゃないよ
今 君が目の前にいるだけで
何もかも報われていく

照れ笑いながら
僕ら 積み上げる 恋心
とりとめのない話で
確かめ合うように

巡り逢えた君とのシナリオに
想いがあふれそうで どうしようもないよ
人を好きになる リアルな気持ち
何もかも思い出してく

幾何学模様の石段の上
少しふざけてみせる君のあと 追いながら
また夜が更ける

巡り逢えたすべてに意味があり
過去に背負った傷も無駄じゃないよ
今 君と迎える朝焼けには
何かが始まる予感と
まだ君を知りたい気持ち

僕らは甘い夜を越え
それを恋と呼び合う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:甘い夜 歌手:Sound Schedule

Sound Scheduleの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/09/20
商品番号:YCCL-10004
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP