あの日の白い鳥

この曲の表示回数 7,779
歌手:

wyse


作詞:

拓磨


作曲:

拓磨


不協したリズムの中で頭が
固まっちゃっていた僕は
優しい潮風の中で
あの日の白い鳥に出会った

鼻歌を口ずさむ僕の
瞳の前に広がった海が
あまりにもキレイな青だったから
僕は青い鳥になったんだ

「誰のために? 僕のためさ
君のために 何のために?
僕は心を削りながら叫んでいるだろう?」

青い海に見とれてたら
時計は午後6時を回って
夕日が僕を照らしてたから
僕は赤い鳥になったんだ

波の声も 風の声も
砂の声も セミの声も
いつか僕がくじけそうな時 力になる

その心に僕の声を この心に君の声を
今は小さく ただ小さく 囁くだけでいい
うわべだけにならないように
偽る事 認めないように
今は小さな ただ小さな
白い鳥のままでいたい

いつか僕の見る世界が
色褪せ歪みだしたなら
子供の描いたラクガキみたいに温かい歌を
優しい雨に濡れた日も
悲しい雨に濡れた日も
ただ小さな とても小さな
白い鳥のままでいたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あの日の白い鳥 歌手:wyse

wyseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP