想い出のサマー・ソング

この曲の表示回数 8,857

ラジオのダイヤル合わせたら
偶然きこえてきたんだよ
贈ってくれたねリクエスト
懐かしいあの歌が つきあっていた頃の

君はどうしているの
初恋と知らずに過ぎた
君はどうしているの
逢いたいのさ

愛するひとならできたけど
君だけあざやか きらめいて

バイクを跳ばした 海辺には
サガンの描いた青い空
ぼくより短かい 君の髪
陽に灼けた首すじの かおりまで覚えてる

そして おとなの顔で
あたらしい 光に立てば
風がさらっていった
はるかな夏

ラジオのダイヤル 合わせたら
偶然きこえて きたんだよ……
ラジオのダイヤル 合わせたら
偶然きこえて きたんだよ……
Da Da Da ……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:想い出のサマー・ソング 歌手:五十嵐浩晃

五十嵐浩晃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4342
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP