時が過ぎれば…

この曲の表示回数 13,781
歌手:

五木ひろし


作詞:

大津あきら


作曲:

浜圭介


心の糸がもつれるように
あなたとの日々が消えてゆきます
時雨の港 暮らした部屋に
季節の花が 枯れて落ちます

一年二年 そして愛が終われば
馬鹿な女も 詩人になるのですか
泣き虫…泣き虫…泣き虫ですね
素肌を焦がして 抱いたあなたに
涙が走ります

哀しみよりも あなたにつのる
恋しさの方が 胸を染めます
海鳴りの音 聞こえる窓に
ひと文字 夢となぞるだけです

三年四年 そして時が過ぎれば
弱い女に 笑顔は戻りますか
泣き虫…泣き虫…泣き虫ですね
まぶたの裏で 戯ぐあの日に
涙が走ります

一年二年 そして愛が終われば
馬鹿な女も 詩人になるのですか
泣き虫…泣き虫…泣き虫ですね
素肌を焦がして 抱いたあなたに
涙が走ります
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時が過ぎれば… 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-25
商品番号:TKCI-30447
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP