この曲の表示回数 5,763
歌手:

清春


作詞:

清春


作曲:

清春


だけど僕が見た 星空は
君が言うより 冷酷で

触れられそうな 宝石を
探してベランダに 立ってる

新しい過去は 繰り返す目覚め
恐いほど高く 手が届く夜

そして僕らは空に憧れを
時折、両腕に羽ばたきを描いてる
いつか僕らは空へ飛び降りて
指折り数え 歌いくつ歌うだろう?

だけど僕が見た 現実は
背中に刺さる ナイフを

傷は塞がり羽になる?
優しく身体を引き上げる?

次に居る場所は 想像以上で
君が言う通り 鮮やかでしょう

そして僕らは空に憧れを
星座で溢れてる闇夜に羽ばたきを
そして僕らは強く憧れを
望んだ心を祝う様に華よ咲いて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空 歌手:清春

清春の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-02-09
商品番号:UPCH-5229
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP