試聴する

パンとピストル

この曲の表示回数 11,312
歌手:

THE NEUTRAL


作詞:

三木茂


作曲:

三木茂


ある日彼女が僕に言った 「あなた優しさが足りないわ」
僕はふざけて言い返した 「地球と君には優しいぞ!」
すると君は呆れながら 「ほらね」と切なく笑ってた
いったいこの僕の何が 気に入らないというのだろう?

パン パン パンパンパン パン パン パンパンパン

ある日ヤクザのおじさんが 僕に近づきこう言った
「ボウズこれからは真っ直ぐな人になっていきなさい!」
僕はビビリながら言い返す「おじさんに言われたくないよ」
するとおじさんは笑いながら 僕にピストルを見せた
あぁ、あぁ、いったいどういうことなんだ!?
あぁ、あぁ、使い方をちょっと考えた

僕はそれを右手に握り 目を瞑り考えてみた
引き金をゆっくりゆっくり 震える指で弾くことを
銃口から流れる風は 僕の心を突き抜けて
生きてる喜びを教えてくれた
パン パン パンパンパン パン パン パンパンパン
パン パン パンパンパン おじさんはピストルくれた

ある日ホームレスのおじさんが 僕に近づきこう言った
「ボウズこれからは身なりを立派にしなければいけないぞ!」
僕は慌てて言い返した「おじさんはそれでいいのかよ?」
おじさんは笑いながら言った「この良さが分からねぇのか!?」
あぁ、あぁ、言われればそんな気がする
あぁ、あぁ、それに比べてこの僕は

誰かのモノマネのような 生き方はしたくはなかった
でも気がつけばいつでも 誰かと比べていたんだ
鏡の中に映る僕は いったい誰なんだろうか?
さぁ、なくしたものを取り戻そうか
パン パン パンパンパン パン パン パンパンパン
パン パン パンパンパン おじさんはパンをくれた

あの日ヤクザのおじさんが 教えてくれた大切なこと
真っ直ぐに生きる強さとは 間違いと弱さの中にある
あの日ホームレスのおじさんが 教えてくれた大切なこと
流れに逆らう生き方も 結局流れの中にある
あの日の君の一言が 今も胸に響いてる
君が望んだ優しさは 冷たさの中にあるものだった

真っ直ぐに生きることができず 流れに逆らうこともできず
優しくすることもできず 過ちを繰り返す日々よ
あの日のピストルとパンを 心に垂直に立てよう
さぁ、明日が僕らを待っている

あの日のピストルとパンを 心に心に垂直に立てて
明日が僕らを待っている
パン パン パンパンパン パン パン パンパンパン
パン パン パンパンパン 今度は僕が伝えよう
パン パン パンパンパン パン パン パンパンパン
僕は歌で伝えよう それパンパンパンパンパンパンパン
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:パンとピストル 歌手:THE NEUTRAL

THE NEUTRALの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-05-28
商品番号:MUCD-1076
Dreamusic

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP