試聴する

愛しすぎた夏

この曲の表示回数 9,116
歌手:

山本達彦


作詞:

吉元由美


作曲:

山本達彦


夏の数だけ恋する女よ
あゝいつか僕を飛び立つのか

渚を走った稲妻のように
恋におちたふたり 蒼い楽園
太陽が刻む時間の長ささえ
もどかしく過ぎてく僕なのさ

抱きしめる 愛が夕陽に溶けても
くちびるはもう引き返せない
ひと夏の夢ははかないかげろう
せつなさは愛しすぎたせいさ

灼けた脚を組む そんな仕草さえ
君のとまどいまであらわにするね
いつかバカンスが終り告げる頃
ふたり恋の行方知るのだろう

抱きしめる 心が海に消えても
くちづけは永遠をさまよう
涙なら僕がかわりに流そう
淋しさを胸に隠さないで

夏の数だけ恋する女よ
あゝいつか僕を飛び立つのか

抱きしめる 愛が夕陽に溶けても
くちびるはもう引き返せない
ひと夏の夢ははかないかげろう
せつなさは愛しすぎたせいさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛しすぎた夏 歌手:山本達彦

山本達彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-04-21
商品番号:ALDA-25
アルファレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP