哀しみの外電

この曲の表示回数 9,764
歌手:

山本達彦


作詞:

売野雅勇


作曲:

山本達彦


哀しみの外電(テレグラム) 海超えキー叩く
怯えた眼差しで領海を脱出(でてゆ)く
少女の報道写真(しゃしん)が
男の遺書だった

生き方を喪失(なくし)た
俺たち断罪(さば)くよに

時代(とき)の証言台 命賭けて立った
人生の重さが銀のナイフ投げる
雪空仰げば心が痛いね

生き方を忘れた
俺たち断罪きなよ

哀しみの外電
胸叩き続ける……
哀しみの外電
俺たち断罪きなよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀しみの外電 歌手:山本達彦

山本達彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-05-13
商品番号:TOCT-10284
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP