この曲の表示回数 7,366
歌手:

杉良太郎


作詞:

なかにし礼


作曲:

弦哲也


あいつとも 別れた
お前とも 別れる
数しれぬ 女の
背中に手を振った

ああ 恋は 心の駅に つかの間
止まり 出てゆく 汽車なのか
思い出してと 言う女
忘れないさと 言う男
汽車は出て行く あとには 何もない

花のような ささやき
夢のような くちづけ
誰よりも お前を
真実 愛してた

ああ 恋は 涙の声で 汽笛を
鳴らし 出てゆく 汽車なのか
死んでしまうと 言う女
強く生きろと 言う男
汽車は出て行く あとには 何もない

ああ 恋は 心の駅に つかの間
止まり 出てゆく 汽車なのか
思い出してと 言う女
忘れないさと 言う男
汽車は出て行く あとには 何もない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:駅 歌手:杉良太郎

杉良太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-21
商品番号:TECE-51065
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP