女子大小路のあの店で

この曲の表示回数 5,995
歌手:

山本正之


作詞:

山本正之


作曲:

山本正之


抱きよす肩に降り染めた
秋の雨よりまだ細い
あの日のおまえの黒髪が
きゅっとこの胸しめつける
あゝ水割りをため息と飲みほした
女子大小路のあの店で
夜遊び上手のふりをして
今も心は純だろか

小指の先で口紅を
そっとなおしてほゝえんで
うその顔よと手鏡に
ひとつえくぼを映しだす
あゝいつからか面影が夢になる
女子大小路のあの店で
一人でいいのと目をふせて
今も横顔淋しげか

夕陽の色と日暮と
桔梗の花が好きな人
恋にかすれたうわさなど
きっと聞くまい聞こえまい
あゝ幸せは来るはずと別れたが
女子大小路のあの店で
グラスのお酒をころがして
今も涙に酔う人か
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女子大小路のあの店で 歌手:山本正之

山本正之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-28
商品番号:PICL-1128
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP