北青山3丁目4番地

この曲の表示回数 8,533
歌手:

荻野目洋子


作詞:

売野雅勇


作曲:

筒美京平


ガラスの中の夕映えに
揺れるライ麦畑が
ねえ君の瞳には見えたの

肩で息してショーウィンドウ
いつも並んで覗いてたね
それは夢の入り口

頬づえをついて恋をしてたの
そう二人が
制服をまだ着てた頃ね

大切なことを忘れそうな日には
ひとりでここに来て
時間を止めるの

街角で遊ぶいけない私を
叱ってくれたのは
君だけだったね

ジャケットだけがネイビー・ブルー
今もガラスの向こう側に
遠い二人が見える

君が振り向く夕暮れは
とても悲しい色をしてる
私だけが大人で…

さよならで閉じた青いアルバム
ねえ何を見失ったのと声がするの

想い出すたびに胸が熱くなる
けんかしてくれたね
私を守って

大切なことを忘れそうな日には
ひとりでここに来て
ウィンドウ覗くの

いつか出逢えたらまた私のこと
叱ってくれるかな
昔のまんまで…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北青山3丁目4番地 歌手:荻野目洋子

荻野目洋子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-07-05
商品番号:VICL-18209
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP