百段坂

この曲の表示回数 5,163

記憶の中の君を探しに 百段坂登る
翳りゆく校舎には在校生

軽音楽室の薄い窓 ちっぽけな僕らは
痛みなど分からずに 痛みを歌っていた

ねえ君は人ごみの中で 何に憧れ 誰を想っていますか?
つまずき 転ぶことさえ できなくなっている 僕はここにいるよ

土のグランド 倒したハードルを立て直してく少女
揺れる髪 思い出に重なって

長い渡り廊下のたもとで そっとキスした夜
優しさも分からずに 優しさを囁いた

ねえ 君は華やぐ街で 何に傷つき 誰を愛していますか?
銀杏の葉が色づく道に 君はいないけど 同じ風が吹いてた

どんな時 心の中に あのチャイムの音 響いたりしますか?
あの頃 見てた未来と少し違うけど 僕はここにいる

ねえ 君は人ごみの中で 何に憧れ 誰を想っていますか?
つまずき 転ぶことさえ できなくなっている 僕はここにいるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百段坂 歌手:オオゼキタク

オオゼキタクの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/22
商品番号:VICL-61736
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP