梅雨 山中湖にて(demo)

この曲の表示回数 6,423
歌手:

175R


作詞:

shogo.k


作曲:

shogo.k


嗚呼 どれくらい月日が経っただろうか
そう こんな日を夢見ていました
嗚り止まぬギターのフレーズにのせて
汗かき食べたハヤシライス

体にへばりつくTシャツ脱ぎ捨てて
今夜も缶ビールで集う 語る

いつまでも笑って過ごせるこんな毎日が続いて欲しいと願う
七月の山中湖 朝まで騒いだ 僕らの夏が終わる

嗚呼 台風がそこまできてるから
梅雨明けはまだまだ先の方みたい
風邪ひくとヤバいぜ 釣りはやめとこうか
こんな日はみんなで映画でも観よう

並んだベッドの列 散らかったままの部屋
やっぱり缶ビールで集う 語る

いつまでも笑って過ごせるこんな毎日が続いて欲しいと願う
七月の山中湖 朝まで騒いだ 僕らの夏が終わる

いつまでも四人で音奏で過ごす毎日が終わらないで欲しいと願う
七月の山中湖 朝まで騒いだ 僕らの夏が終わる

こんな雨の日ぐらいやめときやいいのにアイツは釣り場を探す...
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:梅雨 山中湖にて(demo) 歌手:175R

175Rの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-04-09
商品番号:TOCT-26483
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP