雨 ~十二月の雨~

この曲の表示回数 6,906
歌手:

片岡大志


作詞:

片岡大志


作曲:

片岡大志


雨 十二月の雨の様に静かな毎日の中
そして窓の外の絵空事が二人を遠ざけて行く
確かめるたび寂しかった
さよならの始まりがいつもそこにあったから

何もかもが言い訳にしかならないよ
やだな そんな顔しないで
それでも黙り込むだけなのに

形のない愛は両手をすり抜けていく
どんな言葉が傷つけたの
変わらないものなんてあるわけがないよ

雨 十二月の雨の様にかすかな夢の中では
街をかけぬける愛や恋の言葉が哀しませる
やりなおすたび寂しかった
さよならが早いのか遅いのかそれだけだもの

雨 十二月の雨の様に静かな毎日の中
何も聞こえない 全て通り過ぎて 忘れてしまう
雨 十二月の雨が雪に姿をかえる頃には
一人 窓硝子に書いた君の想い出を見つめている

時計の針は止まらなかった
さよならの始まりがいつもそこにあったから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨 ~十二月の雨~ 歌手:片岡大志

片岡大志の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-07
商品番号:BVCR-705
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP