最高の恋人

この曲の表示回数 5,970
歌手:

田原俊彦


作詞:

秋元康


作曲:

都志見隆


白いセスナが岬を 廻る頃
ボートハウスのテントが 黄昏る
海の近くのHOTELで 窓を開け
いつもの夏を2人で 見ていた
時は静かに流れ そして 言葉以上に
愛を伝える、君に……
僕の腕の中で もう一度 接吻をしよう
週末は 平日の淋しさまで
埋め合わせしてあげるよ
週末は 待っていたその分まで 最高の恋人

欲しいものなど 何んにも ないけれど
こういう風に たまには 休みたい
やがて いつしか 夜空に 星が降り
ひとつの夢の終わりが 近づく
街の灯りは揺れて まるで 遠い幻
すべて忘れて、今は……
君がそばにいれば もう少し
このままでいいさ 永遠よ
離れてるその時間は
どうぞ その針を止めて 永遠よ
思ってるその長さが 最高の恋人

週末は 平日の淋しさまで
埋め合わせしてあげるよ
週末は 待っていたその分まで 最高の恋人
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最高の恋人 歌手:田原俊彦

田原俊彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-06
商品番号:PCCA-00796
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP