マボロシーン

この曲の表示回数 8,105

ギンギン照らす太陽に 汗滲ませ 君と僕は重なりあった
ジンジンするような想い 胸に秘めた
あの時間は 止まったままさ

波に消える 涙の数よ

最愛のような気がしていた あなたを
最高の時をくれたのは確かだったんだよ
さすらう心の行方は 君だけを
探し続けています 夏が来るたび 今でも

色もないようなマボロシーンだけど

散々君を困らせた 若い僕は
壊れるのもへっちゃらだった
だんだん 傷がある事に気づいたけど
今更どうにも出来る訳がない

朝もやの 匂いの中で

最低のような気がしていた あなたを
最終的には1ページにしてしまったんだね
やるせない時はいつでも こんな風に
考えてしまいます 夏が過ぎても 何故だか

語れる事は何もないけど

最愛のような気がしていた あなたを
最高の時をくれたのは確かだったんだよ
さすらう心の行方は 君だけを
探し続けています 夏が来るたび 今でも

色もないようなマボロシーンだけど
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:マボロシーン 歌手:フリーウェイハイハイ

フリーウェイハイハイの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP