時は戻らなくても~Lostday~

この曲の表示回数 5,223
歌手:

杉山清貴


作詞:

森浩美


作曲:

杉山清貴


地下鉄に降りてく 横顔君に似ていたよ
歩み止めた 人込みで 見掛けたマボロシ

遠く近いむかし この街で君と出会った
人知れずに 懐かしい痛み この胸に運んだ

くやむ気持ち遅いけれど どうして手放したのか?
過ぎてから大切なもの 人はなぜ気付くのだろう?
ばかばかしいほど笑ったり 些細なことでも傷つき
ひとつひとつあの時のふたり 愛しあった出来事…

楡の木のその角 右に曲がった場所だった
もうあの店 壊されて 姿も変わった

君を困らせても つよく引き留めたとしたら
物語は どんな未来を 用意していただろう?

くやむ気持ち遅いけれど 素直になれずにいたよ
過ぎてから大切なもの 人はなぜ気付くのだろう?
抱きしめたときの温もりや 淋しさを埋めるやさしさ
ひとつひとつ浮かんでは消える ふと見上げた夕暮れ…

今はふたり別々でも 同じこの空の下で
戻りはしない時の中 想い出は生きつづけてく
お互いそれぞれに選んだ カタチの違ったシアワセ
みんな誰か愛し愛されて 通り過ぎる夕暮れ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時は戻らなくても~Lostday~ 歌手:杉山清貴

杉山清貴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-07-04
商品番号:VPCC-82152
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP